公益社団法人 日本文化財保護協会

日本文化財保護協会は、文化財保護推進の立場から、わが国の文化芸術振興に寄与することを目的とした、内閣府認定の公益社団法人です。

高い技術力と深い専門性を追求して自らの質の向上を図り、民間調査機関の社会的信用を高め、文化財保護に寄与する志のある企業・団体等の新規会員の受け入れを行っております。


1.普通会員埋蔵文化財の発掘調査、保存、活用を行う者
2.賛助会員文化財発掘、歴史的建造物・記念物の修復保存業務に
かかわる者

入会方法

入会の申し込みにつきましては、下記の書類(①~③)を当協会事務局までご送付ください。

送付先
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町10-13-301
送付書類
①入会申込書(以下より、ダウンロードしてご記入ください。)
②会社概要(パンフレットなど、貴社の業務が分かる資料)
③売上高がわかる決算書類
※詳しくは、事務局までお問い合わせください(TEL;03-6206-2190)。

入会会員のメリット

1.高度な技術力を保有する技術者の育成

(1)資格制度:埋蔵文化財調査士・埋蔵文化財調査士補・発掘員の資格認定試験の実施
(2)技術研修:優秀調査報告書選定・表彰、技術研修会(3回/年)、CPD制度の実施
(3)調査士会準備室:埋蔵文化財調査士による調査士会を設立

2.要望活動により皆様の声を訴求できます。

(1)文化大臣への要望
※要望主旨:民間調査組織の活用・促進のお願い②技術力による選定について③経営基盤の安定と諸条件④行政と民間との協働⑤観光考古学会立上げについて
(2)文化庁・行政機関等からの各種連絡事項等の情報も共有
※2018年度は、会員企業JVが文化庁から総合評価方式での初受注をした

3.技術者の研鑽活動

(1)「会報誌」「紀要」への執筆
(2)講習会・研修会への参加

4.埋蔵文化財調査要覧の掲載・配布

(1)掲載事項として、会社概要・資格者数・所在地・売上実績・業務内容・3年間調査実績等
(2)会員名簿として、毎年更新し(紙媒体・HP掲載)、各都道府県教育委員会・埋蔵文化センター・市町村教育委員会へ配布。

5.地区懇談会の開催

年2回、各地域を訪れ、各県の担当者から発表を頂き、実情を共有して、協会活動の理解を深める場として実施

6.インターンシップ(就業体験)の受け入れ

各大学で現在考古学を学ぶ学生に対し、発掘現場での体験学習を通して、発掘調査の基本(遺跡調査、遺構検出及び測量、写真撮影、調査報告書作成など)を、職場体験として実施。地域会員への紹介も含め、就業体験を各大学に要望計画中

入会金・会費について
「公益社団法人 日本文化財保護協会 入会金及び会費取り扱い規程」

入会申込書

普通会員
賛助会員