公益社団法人 日本文化財保護協会

HOME 資格検定試験

資格検定試験

資格制度について

この資格制度は、日本文化財保護協会が国民共有の財産である埋蔵文化財の発掘調査に携わる者に必要な専門技術・技能を育成するために資格を付与するものであり、本資格制度により埋蔵文化財調査に携わる者の知識及び技術の向上を図り、埋蔵文化財調査の円滑化を促進し、もってわが国の文化財保護に寄与することを目的としています。

埋蔵文化財調査士・補の資格を取得しようとする者は、本協会が定める埋蔵文化財調査士講習及び検定試験実施規程(以下「実施規程」という。平成19年4月20日総会決定)に基づく講習と検定試験を受けなければなりません。

資格は次の3種です。

1.埋蔵文化財調査士

発掘調査から報告書作成まで一貫して責任を持って実施できる者。

2.埋蔵文化財調査士補

発掘調査現場を統括し、人事管理、安全管理、工程管理を行いながら発掘調査を適切に実施できる者。

3.発掘員

発掘調査現場で安全かつ適切に発掘作業ができ、経験の少ない作業員を指導できる者。