公益社団法人 日本文化財保護協会

リンク お問い合わせ

資格制度について

この資格制度は、日本文化財保護協会が国民共有の財産である埋蔵文化財の発掘調査に携わる者に必要な専門技術・技能を育成するために資格を付与するものであり、本資格制度により埋蔵文化財調査に携わる者の知識及び技術の向上を図り、埋蔵文化財調査の円滑化を促進し、もってわが国の文化財保護に寄与することを目的としています。
埋蔵文化財調査士・補の資格を取得しようとする者は、本協会が定める埋蔵文化財調査士講習及び検定試験実施規程(以下「実施規程」という。平成19年4月20日総会決定)に基づく講習と検定試験を受けなければなりません。

資格種別

埋蔵文化財調査士

発掘調査から報告書作成まで一貫して責任を持って実施できる者。

埋蔵文化財調査士補

発掘調査現場を統括し、人事管理、安全管理、工程管理を行いながら発掘調査を適切に実施できる者。

資格試験受験者

埋蔵文化財の発掘調査に携わる資格を取りたい方はこちらをご覧ください。

資格試験のご案内 過去の試験問題 合格者発表・資格登録方法 埋蔵文化財調査士(補)登録規程

資格更新者

取得した資格を継続させるためには更新が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

CPD(継続教育)とは CPD申請方法(CPDポイントの取得) 資格更新手続き・登録内容変更

資格の更新手続き・登録内容の変更方法をご案内いたします。

資格者マイページ

CPD申請、ポイントの確認、登録の更新・変更が行えます。

資格取得者

資格登録者をご紹介いたします。

(資格停止中の資格登録者は表示されません。)

埋蔵文化調査士 埋蔵文化調査士補