公益社団法人 日本文化財保護協会

リンク お問い合わせ

埋蔵文化財調査士・士補は、5年ごとに資格更新することとなっておりますが、資格更新のために埋蔵文化財調査士は100ポイント、埋蔵文化財調査士補は50ポイントを取得していることが条件となります。
CPD継続教育制度は、2009(平成21)年6月より開始しています。
埋蔵文化財調査士・士補は、研究発表、論文発表、講習会受講など、自己のCPD記録を申請し、ポイント登録を行います。申請は随時受付けます。
CPDポイントの申請は資格者マイページから行ってください郵送かメールでおこなってください。

CPD申請書(2015.04版)
申請に関する諸注意
CPD申請書記入例
1.発表・講演の記入例
2.受講の記入例
3.論文発表の記入例
4.図書執筆の記入例
5.講演会・研修会講師、技術指導、非常勤講師等の記入例
6.委員・役員の記入例
7.各種機関での研究参加・技術協力の記入例
8.現地説明会の記入例
8-3.博物館等見学の記入例
9.その他の記入例
メールでの申請先はこちら(CPD申請専用アドレス)
cpd.n.bunkazaihogo@gmail.com

CPDの対象とポイント数についてはCPDポイント配点表参照ください。

CPD対象学会情報として、協会ホームページに「CPD対象学会・シンポ情報」を掲載しますので参考にして下さい。 また、ホームページ掲載以外で資格者が参加した学会、研究会、講演会等が、CPDポイントの対象となるか否かについてのお問い合わせやCPD制度についてのご質問は、このページの下方にあるお問合せメールから協会CPD管理委員会あてに行って下さい。

CPDポイント通知書は、4月締切集計分を9月に、10月締切集計分を3月に付与いたします。