考古検定考古検定とは

考古検定とは

考古検定概要

考古検定とは、広く国民のみなさまが考古学に親しみ、日本の歴史と、日本の遺跡に対する知的探究心を満たすことを目的に実施するものです。そのため本検定は、単に知識を競うというものではなく、日本各地に残されている史跡(遺跡)と遺物を取りあげ、身近に存在する日本の歴史に思いを馳せていただく端緒になればと考えています。

考古検定は難易度に応じて入門初級中級上級最上級の5クラスに分かれています。

各級の難易度

クラス 難易度(レベル) 受験料
入門クラス 広く遺跡や文化財を楽しみ、考古学に親しむことを目的としていますので、試験問題は誰もが取り組めるものを用意しています。 1,000円
初級クラス 大学の一般教養レベル程度となっています。 3,800円
中級クラス 大学の考古系学部の教養レベル程度となっています。 4,800円
上級クラス 大学の考古系学部卒業程度となっています。 6,000円
最上級クラス 考古系大学院修了程度となっています。 10,000円

テスト形式

入門・初級・中級クラス:自宅で受験可能なインターネット検定で行います。
上級・最上級クラス:会場型のCBT(※1)方式で行います。

※1 CBT方式とは、試験のお申込みから当日の受験までを全てパソコンを用いて行うことができ、試験当日は、全国に設置された会場のパソコンでマウスやキーボードを使用し解答します。試験実施期間中であれば、都合に合わせて受験会場や日時を自由に選択できます。

問題はすべて4つの中から正解を1つ選ぶ択一式(上級クラスと最上級クラスは記述式問題有り)の100点満点で、合格ラインは60点を基準としております。
(合格ラインは受験者全体の成績を元に総合的な判断を行い、変更になる場合があります。)

各クラスの試験実施に関しましては、実施要項をご覧ください。